家づくりで譲れないポイントを決めておこう

予算重視!できるだけコストを抑えたい

予算が決まっていて譲れないなら、初めから予算ギリギリで設計をするのは危険です。家づくりに追加工事は付きものだからです。少しの修正が原因で予算オーバーにもなりかねないので、余裕をもって計画しましょう。コストを抑えたいのであれば、窓やドアなどは既製サイズのものを使い、できるだけ特注を作らない方が良いです。リビングに大空間を作るなら、空調設備などのコストも同時に考える必要があります。いっそ階数を減らすというのも考え方の一つです。階段や壁面積が少なくなる分、より内装に費用をあてることができます。予算の枠組みがしっかりしていると試行錯誤をしなければなりません。ただそれがかえって良い空間を生み出す原動力となる場合も多いです。

とにかく快適な家で暮らしたい!

どこに快適さを感じるかは人によって様々です。まずは自分の棚卸しから始めましょう。建てたい家は洗練された内装の家ですか?それとも木の温もりのある家、あるいはバリアフリーの行き届いた家でしょうか?例を挙げただけでも、設計を依頼する先が全く異なることが分ります。自分が求める快適さを実現してくれる業者を選ぶことが、家づくりのスタートラインです。次に家の中でも特に重視したい場所を考えてみてください。リビングかもしれませんし、寝室やデッキかもしれません。思い描いた場所を中心に家全体について考えると、自分がどこに快適さを求めているかのランキングが出来上がります。あとは予算などとの折り合いをつけながら、どこまで追求するかを決める作業に移れば良いのです。

設計事務所に依頼をすることで、注文住宅を建てる際に有意義な助言をもらうことができ、具体的な物件の購入計画を立てる際に役立ちます。